BOATRACE 桐生

予想 ライブ
メニュー

レース展望

2月6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)・10日(月)・11日(火) [一般]第14回下野新聞社杯

8点レーサー峰竜太の存在感が際立つシリーズ!

 2月第1節は、第14回下野新聞社杯と銘打つ6日間のロングラン開催。
 時期的に地区戦シーズンということもあり、A1級の配分の今節はただ一人。その一人は昨年の最高勝率選手でもある峰竜太。本来ならば九州地区戦を走る存在だが、昨年のボートレースメモリアルでの準優Fの罰則により、一般戦回りを強いられている。今期も8点オーバーの勝率を叩き出しており、今シリーズでは多彩な戦法にも注目。当地は17年の雷神杯(途中帰郷)以来の参戦だが問題はなさそう。勢いに乗れば完全Vも十分可能。
 東本勝利、高橋英之、深水慎一郎、後藤浩、松井賢治、岡部哲、山本光雄らのA2級勢も「打倒峰」へ闘志を燃やす。当地は7優出と相性のいい水面なのが東本。昨年は2度参戦も準優突破はならず。まずは優出を目指し本領発揮に期待。最近はA2級が続いている高橋だが、鋭い仕掛けには定評。巧者ぶりを発揮して、ペースを上げたいところだろう。
 地元からは佐口達也、石岡将太が迎え撃つ。昨年末は3連続優出と復調示す佐口。今年初の地元戦ということもあり、気合のレース運びに注目したい。石岡も調整次第では見せ場も十分。

  • 画像:峰竜太
    4320
    峰竜太
    A1/佐賀
  • 画像:東本勝利
    4066
    東本勝利
    A2/三重

主な出場選手

峰竜太 (佐賀)
東本勝利 (三重)
高橋英之 (東京)
後藤浩 (埼玉)
深水慎一郎 (東京)
松井賢治 (兵庫)
佐口達也 (群馬)
岡部哲 (埼玉)
ページの先頭へ