• レース情報&予想
  • ライブ&リプレイ

レース展望

2月21日(水)・22日(木)・23日(金)・24日(土)・25日(日) [一般]第13回日本トーター杯

地元御大・江口晃生がシリーズを牽引か!

 2月第2節は、第13回日本トーター杯と銘打つ5日間のミドルシリーズ。地区選からの転戦組が多く、V争いは熾烈を極めそうだ。
 中でも注目したいのは、地元筆頭格でもある江口晃生。前走地の関東地区選は欠場だったが、1月の平和島周年では準Vと名人技を発揮。群馬ダービーでは少々エンジン出しに苦労した印象だが、その分まで今回は初戦から突っ走りたいところ。
 飯山泰、佐々木康幸、作間章、石塚久也、谷津幸宏、北川潤二らのA1勢も虎視眈々。速攻力に定評のある飯山、佐々木の81期コンビも当地連続優出へ照準を合わせての参戦。今年は早々に津でV飾っている佐々木のリズムは上々。派手さはないが、堅実な運びを繰り出す作間も巧者ぶりを発揮か。石塚、谷津の埼玉勢も走る機会が多い水面だけに好気合。両者共V実績あり、調整にも力が入りそうだ。
 木村光宏、桑原悠、畔柳俊吾、秋山広一、東健介らのA2勢も侮れない存在。近況は調子を下げている木村だが、当地は連続優出中と相性のいい水面。リズム修正へ気合を入れ直すか。
 今年は早くも3度目の地元戦となる亀山雅幸も江口と共に盛り上げる。

  • 画像:江口晃生
    3159
    江口晃生
    A1/群馬
  • 画像:飯山泰
    3940
    飯山泰
    A1/東京

主な出場選手

 
江口晃生 (群馬)
飯山泰 (東京)
佐々木康幸 (静岡)
作間章 (東京)
 
石塚久也 (埼玉)
谷津幸宏 (埼玉)
木村光宏 (香川)
北川潤二 (愛知)